全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。

生きている甲斐がない

去年の秋ごろか、友人と話をしているときに私の右腕の自傷の話題になりました。

その友人は身体のどこからか菌が入り、それが心臓へ行き、生きるか死ぬかといった状態になったことがあります。

幸運にも一命を取りとめたあとは、健康に気をつかって生活しています。

 

その友人が私の自傷を心配だと言うのです。

私の自傷はそもそもはただの湿疹で、それをほぼ毎日掻くことでその範囲も広がり、今では腕一本傷だらけ。

三年も掻いとります。

その傷からバイ菌が入ったら命取りになることもあるかも、と。

 

『命取り』という言葉が私には新鮮で。

それは死にたくないという思いがあるから出てくる言葉だよな、と思いました。

この人は死にたくないのか、生きていたくない私には無い発想だなー、へーという感じです。

 

普通はそうなんでしょう。

でも何歳頃まで、人は死にたくないと思うんだろう。

生きていたいと思うのはどうしてなんだろう。

私は一日一日病気が進行していくから、……といっても昨日より進行したと感じるほどではないけど、一年後は今より悪い状態のところにいることは確実なんですよ。

ただ悪くなるだけというのは、『甲斐がない』のです。

何か大変なことでも頑張れるのは、いつか終わるから、または何かを手に入れることができるから。

私の場合進行は終わらない、何も手に入らない、むしろ今より悪い状態は手に入る。

これは本当に甲斐がない。

 

結論の出ない話なんですがね、死にたくない、生きていたい、と思っている人と関わるのはしんどいです。

ほとんどみんなだし、仲間外れ感がハンパないです。