全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。先祖調査や英語学習について書いています。

発作的に自傷の傷にステロイドを塗ったその後

7月に入って変わった生活。
ここまで変わるか!というくらい変わりました。
そしたら2年半も大切にしていた自傷、キレイになってしまった。

もともとはロキソニンのジェネリックが原因の薬疹。
それを毎日毎日引っ掻き続けることで、派手な傷になってしまったというやつだ。
引っ掻き続けていた時は、おばあちゃんになってもこの傷が治りませんように、と本気で思っていました。
死ぬ日まで生傷のままとっておきたいと。

www.warasato.com
www.warasato.com


だけど確か今年の春頃、発作的に薬を塗ってしまったのですよ。
スマホであるお話を読んでしまったんです。
病気の母親とその娘の話だったと思います。
ハッキリと内容は覚えていないんですが、瞬間的に自分の娘の顔が目に浮かんだのです。
私の娘は自傷し続ける母親を2年以上も見続けているんだな。
時折り無言で傷だらけの腕を撫でてくれているけど、どんな思いをさせているんだ私は、と。
そんなことを考えたら、発作的に目の前にあったステロイドを塗ってしまったのです。
手の届く場所に置いてあったというのも、自傷をやめる心の準備ができていたのかもしれません。

ステロイドってよく効くんです!
傷はあっという間に治ってしまいました。
治ったといっても何せ2年モノです。
皮膚は凸凹です。
その直前にもステロイドで治しかけたことがあったんです。
どんどん治っていくので、めちゃくちゃ焦ったことがあります。
血が出るくらい引っ掻くことで、1日生きていることに耐えられたのに、これがなくなったら困る!と。
軽くパニックになり、慌ててステロイドを塗るのをやめました。

この時はまだ時期じゃなかったんですね。
でも今回は時期だったようです。
7月から戸籍沼、先祖沼にハマり、海外にいる親戚と繋がり、毎日英語の勉強をして。
こんなに楽しい日々を過ごしたのは20何年か振りでは?
多分夫と付き合い始めた頃か…

よくクリスチャンは神様のご計画、という言葉を使います。
私はあまり好きではないんですがね。
とにかく今は毎日が楽しいし、やることが沢山あります。
いい感じに治っている傷も、必要になったらいつでも元の状態に戻せるようにメンテ(?)しようと思っていたのに…
すっかりその存在を忘れていました。
昨日突然思い出したわけですが、びっくりするほどキレイになっていて、元の状態に戻すには1から始めないと無理っぽい。
難病になったことも、その後の沢山の出会いも出来事も、全部神様のご計画の中にあるのかなぁと。
あんまり好きじゃないんですけどね、神様のご計画。(笑)