全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。

骨折25日目 ついに右手が解放される

こんばんは、それは昨日の出来事ですが、ついに右手の固定が外れました!

とても長く感じ、でもあっという間の3週間。
自分のせいで家族が疲弊していく様を見るのは、かなりつらい。
まだまだ日常生活はほぼ自分でできてる私が、こんなことを言うのは申し訳ないんですが。
でもつらいというか申し訳ない。

毎朝出勤前に台所を片付けたり、ゴミをまとめたり。
昼間私が困らないようにいろいろしていってくれる。
帰宅したらすぐに台所、慣れない家事を毎日やってくれました。
とにかく有り難い。

どんなに願っても、骨折は時間が経たなきゃ治らない。
まあ、時間さえ経てば自動的に治るんだけど、それを待つ間の不便さよ…
ある程度諦めること、2回目の骨折ではできたような気がする。



そしてそして肝心の『解放された右手』!

今回は前回の骨折時とは違う病院に通っています。
前回のときは土曜の午後に骨折したので、その時間に診てもらえるところに行きました。
今回はいつも行っている病院に通っています。

だから少し違うところがあって、戸惑うこともありました。
前回のときは3週間で、突然固定が外れてとっても怖い思いをしました。
今回は2週間経ったところで、お風呂に入るときは固定を外していい、お湯の中で骨折した指を曲げてみるようにと言われ、びっくり。
2週間でそんなことしていいんかと!
ついでに1週間後に固定を外すことも告げられて。

だから今回は心の準備ができたといえばできた。
そして予定通り、1週間後のきのう固定が外れて晴れて自由になった右手。
まあ痛い、折れた親指はあまり曲がらない。

少しずつ無理しないで曲げたりしてみようと思ってましたが、そんなんじゃ甘いと知り、昨日から頑張って親指曲げてます。
先生から『痛くてもなんでも、ここまで曲げてね毎日』と言われた私の親指の関節は、ほぼ直角っ!
先生がお手本見せてくれました、私の右手の親指で。
痛いんですが、頑張ります。