全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。

紺美さんへ

日付が変わったから昨日か、お姉ちゃん達と電話で話したよー。

直子お姉ちゃんといっぱい話したよ。

いっぱい話してくれたよ。

 

良子お姉ちゃんは泣いちゃってね、私もそんなに泣かないでって気持ちになっちゃったから、良子お姉ちゃんがなんて言っていたか、よく分からなかった(笑)

 

 

私はお姉さん達と話しながら、不思議な感覚に包まれました。

初めて紺美さんとコメントのやりとりをした時のことを思い出してました。

紺美さんはアメブロで私ははてなブログ。

お互い慣れないブログにコメントするのが難しかったのです。

コメントできない2人がどうやってコンタクトをとったのか思い出せないけれど、なんとかコメントできた時は嬉しかった。

2人でとてもはしゃいだことを覚えています。

あの時と同じ場所で今日、お姉さん達と電話で話していることが不思議で不思議で。

私も紺美さんもこんな未来、全く想像していなかったはずだから。

そしてお姉さん達はブログに出てくる通りのおふたりで。

お姉さん達を通して紺美さんに会えたような気がしました。

 

私は今からなにかを新たに始めたり、生産的な働きはできないけれど、ありのままの自分を生きようと思っています。

まあ今日の時点では、ってことですが。

明日目覚めたら、明日を粛々と過ごします。

今日は良い日だったと思うから穏やかな気持ちで寝るとします。