読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

教会で過ごすクリスマスイブ

只今帰りました。

人生で初めて、クリスマスイブに教会へ行きました。

教会に通い始めて、まだ一ヶ月半です。

毎週日曜にある礼拝の流れも、だんだん分かってきました。

今夜のクリスマスイブの礼拝は、いつもとは全く違った内容で、イエス降誕にちなんだお話や讃美歌ばかりでした。

当たり前っちゃぁ当たり前だ。

クリスマスって、イエスが生まれた日なんだから。

昼間と違って、ろうそくの灯りの中、歌う讃美歌は荘厳な雰囲気でした。

火の点いたろうそくを持つのはちょっと怖かったけど、ずっと座ったままだったので大丈夫でした。

よく会う方達は私の身体が不自由な事を知っているので、いろいろ気を遣っていただいて有り難かったし、安心でした。




去年のクリスマスイブの記事です。

www.warasato.com



ろうそくの火を見ながら、去年のクリスマスイブのことを思いだしていました。

確か朝早くから病院に行ったなあと。

変な機械の中に入れられて「ああ難病患者になったんだなあ」と実感したことも思い出しました。

あの日の私には一年後の自分を想像する余裕なんてなかったな。

想像する未来は、不幸で苦難に満ちたものばかり。

一年後こんな幸せな気持ちで教会にいるなんて、全く想像しませんでした。当たり前か。(笑)




でも何はともあれ、とっても楽しい一年を過ごせたこと、本当に感謝です。

そしてケーキは、娘が買ってきてくれました。

この後は、昨日届いた森山ナポリのパーティーセットも一緒に頂きます。

祝一年!

・・・よく分かんないけど、めでたいじゃないか。