読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

クリスマスイブは教会に行きたい

子どもの頃に憧れたものです、教会でのクリスマス。

テレビで見た外国の大聖堂でのミサ、子どもでもその荘厳な雰囲気にうっとりしました。

クリスマスは教会でうっとりするものなのか?と突っ込まれそうですが。



私が教会に通い始めて1ヶ月くらい経ったのかな?

今日も讃美歌の練習に行ってきました。

子どもの頃にほんの少しだけ通った経験がありますが、その後は全くご縁がありませんでした。

35年振りくらいの教会は楽しいです。



急に教会へ行ってみようと思い立ったのは、病気が判ってから聖書の言葉にやたらと共感したからです。

有名な言葉ばかりですが、どれを読んでも納得するものばかり。

それでもっともっと読みたくなり、近所の教会のドアを叩いたのです。

実際に玄関に呼び鈴がない教会なので、本当に木製のドアを叩きました。(笑)



それから通い始めた教会ですが、気になっていたのがクリスマスのことです。

クリスマスといえば、ただなんとなく家族でケーキを食べる日だと思っていました。

実際、そうやって過ごしてきましたし。

それが教会に行くことで、少しだけクリスマスを違ったものに感じるようになりました。

アドベントの期間に入り、教会の中の飾り付けがクリスマスっぽくなりました。

っぽくって、本家なのにね。

クリスチャンでもないのに、私もつられてクリスマスが待ち遠しくなってしまったりしています。



そしてクリスマスイブの礼拝に出席してみたいという思いがちょこっとずつ湧いてきました。

クリスチャンではないんですけどね。

テレビで見たりして、教会でのクリスマスイブを今年は体験できる!したいなと思ったりしました。



でもイブの礼拝って日が落ちてからだし、礼拝堂も薄暗いですよね。

暗い中、みんなでろうそく?キャンドルっていうのかしら、それを持って讃美歌を歌う・・・

すごく素敵そうだけど、私は無理じゃんかと気付きました。

ろうそくって本物を使うみたいだし、暗い中でどうやって受け取るのよ~?

ちゃんと受け取る自信はないし、立ったり座ったりもあるでしょう。

あの暗さの中では、バランスを崩して転倒とか大いにあり得る。

転倒した手には灯の点いたろうそく、あ~怖い。




来年には絶対無理だろうなと思うから、行ってみるなら今年だけどやめておいた方がよさそうです。

一度くらい、本物のクリスマスイブを教会で経験してみたかったです。

でも安全の為、諦めよう。しょうがないしょうがない。