全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

私の心の声は「ずっと歩いていたいんだー!」

昨日の夜中に書いた言葉。






最後まで歩けますように・・・






これが私の心の声。

今、小林麻央さんのブログを読みました。

また涙が出てしまう。

心の声、恥ずかしいけど言ってしまえ!

麻央さんも心の声を言ったんだから。

お医者様に言い、全国の人から注目されているブログでも言ったじゃないか。

私は家族以外に言う人もいないので、ここで言うくらいしか機会が無いけれど、今まで言うことのなかった心の声。

それはやっぱり、いつまでも歩きたいということ。

それ以外の症状も、勿論いっぱいあるけど、自分の足で歩けるか歩けないかはとても大きなこと。

家族と会話ができるかとか、目がちゃんと見えているかとか、手が動くかなど、いろいろあるけど、やっぱり歩けるかどうか・・・

特別なこと。

シンプルに神様にお願いするとしたら、やっぱりずっと歩いていたいと言うでしょう。




私も恥ずかしいです。

脊髄小脳変性症なのに、歩けなくなるのが嫌だなんて。

しょうもないことを言ってるなと思うけど、それが心の声なんだからいいじゃないか。



私も堂々と叫ぶんだ!



10年後も20年後も30年後も、



ずっとずっと歩いていたいんだー!



2本足で立ちたいなんて飛び越えて、



歩いていたいんだー!




笑われてもいい、歩いていたい、心の声を言っただけだ。