全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。

長い空白を経て

しばらくブログを放置している間にいろいろなことがありました。

まず手指の痛み。

これは変わらず。

まあ、痛いのは諦めたのでそんなに気にならなくなったかも。

でも痛いのに気付かないということは、なかなか難しいはずなので、多分減ったようです。

中指のバネ指っぼいのは相変わらずです。

 

 

あのリウマチ疑惑?から自分の骨がとても気になりだしました。

実際、痛い場所が増えたし。

右足の親指付け根、というか爪先立ちした時に地面に触れてる部分。

あと右膝。

階段登るとキシキシと音がします。

それが気になって、立ち上がり方を変えたら、家の中を移動するのが急に億劫になってしまいました。

 

 

で、今更なんですが介護保険使おう!と思いつきました。

以前は訪問看護の事業所と契約していて、訪問リハビリを受けていました。

ところがふとしたきっかけでPTさんが、私と年齢が同じだと知ってしまいました。

その後いろいろ辛くなり、訪問リハビリを拒否するようになったんでした。

PTさんからの電話にも出られなくなり、夫に連絡が行ったようで、今の私の状態を話してもらうことになったんだった、はず。

夫はリハビリどうするんだ、PTさんになんて話したらいいんだと私に聞く。

けど私は今全部拒否したいんだー!という状態。

でも無視はよくない(当たり前だ)ということで、夫がPTさんに電話をしてくれました。

その後どうなったか聞けなくて、さっき聞いたんです。

 

すみませんが今夜はここまでしか書けない。

また書きます。