全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。先祖調査や英語学習について書いています。

受容と諦めとヨシケイと

今日は我が家のごはん事情でも。

朝昼は大したもの、作れません。

それはどうしようもないと諦めています。

あぁそれでも一時よりはマシになったんだ。

以前は前夜の台所を翌日一日がかりで片付けてたんだった。

疲れてしまうので、朝からちまちまと休憩挟みながらやってると夕方になってしまうという。(笑)

なぜか最近は昼前には片付いてます。

もう少し早いこともある。

理由はなぜかわかりません!

いろいろ諦めたから、というのが正しいのか。

だから精神的に疲れないのか。

こないだ見たある動画で、『末期がん患者の受容とは諦めだ』と言ってるお医者さんがいたなぁ。

そのお医者さんは自身も末期がんの人。

諦めって、そうだなぁと思う。

受容じゃなくて諦めですよ、私も。

どんなに主婦らしいことをしたくても、全部は無理。

できるところだけやって『できた!』と喜ぶ。

それでいいのだ!

 

 

だから我が家がお世話になっているヨシケイ。

ヨシケイへの想いも、利用し始めた頃とは随分違います。

最初の頃は自分で買い物をして、自分で献立を考えて自分で作る。

これをしていたい想いが強いんだけど、できないからヨシケイを使う。

どう説明したらいいんだろう。

世話になっているけど認めたくないような。

難病患者で障害者だから仕方ないかという想い。

 

でも今は少し変わりました。

私が主婦であり続けるために必要なもの。

代わりに献立を考え、食材も調達して毎日届けてくれるこのシステム。

今では私の良い相棒です。

基本的にはずーっと頼んでます。

だけどたまに1ヶ月くらいお休みします。

パルシステムやネットスーパー、自力での買い物で過ごすこともあります。

まぁリフレッシュです。

私は主婦だと再認識する大事な時間です。

 

先週まで、そのリフレッシュをしていました。

そろそろ再開しようと思っているのに、『またお願いします』の電話をかけそびれて2ヶ月もリフレッシュしてしまいました。(笑)

それでまたまたiPhoneなんですが、ヨシケイのアプリがあるのを知ってしまい、早速使い始めてみたという。

使ってみたら、あら便利。

注文がしやすい。

普段は定番コースというのを頼んでいるんですが、来週は違うコースを頼んでみようかなというときにとても簡単。

作り方も載っていたりと、まだ使い始めたばかりですがいろいろ楽しみです。

私のヨシケイライフ、諦めといえばそうなんだけど愛しのヨシケイでもある。