全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

眼科受診、指定難病の医療証使えました

前回の眼科受診の続きです。


小脳失調の症状の他に気になるのは目の症状。

とにかく普通にはもう見ることができない。

本気を出さないと本は読めない。

本気を出しても、外出先では見えないものが多い。

例えばバスの行先表示や、駅のホームのいろんな表示。

何番線にどこ行きが来るとか書いてあるあれ、あれが見えない。

普段から乗り慣れているバスや路線なら困らない。

なんて書いてあるか、大体見当がつくから。

でも全く初めての場所だったりしたら、無理!

私の目では本気出しても解読不能・・・




まあ、こんな目の状態なので、一度眼科にも行きたいなと思っていました。

でもかかりつけの眼科は嫌だー。

子どもの頃から行っている眼科で、こんな難病になってしまったとか、言いたくない。

緑内障だとも言われてしまったし、その上難病なんて、きっと気の毒にと思われてしまう。

そういうのが嫌で、眼科はずっと後回しでした。

その不安を前回の神経内科受診の時、やっと主治医に話せました。

すると拍子抜けするくらい簡単に、「ここの眼科に予約入れましょうか?」と言われ、その場で完了。




で、やっと先週、神経内科でお世話になっている大学病院の眼科を受診できました。

目が気になりだしてから、長かった。



f:id:warasato:20170601132557j:plain


検査に時間がかかって、最初から最後までで3時間ちょっとかかりました。

その日は1人で病院に行っていたんだけど、検査の為に瞳孔を開く目薬を使うと説明を受け、しばし悩む・・・

元に戻るまで3~4時間って書いてある。

瞳孔開いたら、私きっと歩けないよな、どうしよといろいろ考えたんだけど、問診の段階で先生が「それをやっちゃうと歩けなくなっちゃいますよね?」と言ってくれ、無しで検査をする事に。

なんだ瞳孔開かなくても、検査できるのねと、ホッとしました。

そのほかにも、診療明細に書いてある通り、色々な検査をしました。

で、最終的に眼科で言われたことは、「眼科的な病気はありません。」とのこと。

今の状態は脊髄小脳変性症によるものだということです。

まあ、そ~だろ~な~♪

特に治療するとか、そういう類のものではないんだな、分かっていたけどね、そうか。

で、ついでに凄いことも判ってしまった!

3年前かな?かかりつけの眼科で言われた、視神経が萎縮している緑内障、これなんでもなかった。

視神経に萎縮はないし、緑内障の心配もありませんと・・・


どゆこと?


この2つのことで、3年近くどんだけ不安だったことか。

なんでもないとな!

あっそうですか、それならよかったと思ってしまえる自分にもビックリ。

とても心配だったことが、間違いだったと分かって、まあいっかと。

私ってやっぱり考え方がおかしいのか?

あのかかりつけ、大丈夫か?と地元で愛されている眼科だけに、そこにかかっている人が心配になってしまうけれど、知った事っちゃない!

私は大学病院で診てもらえてよかった、これでおしまいです。

きっとかかりつけと大学病院、どっちかが間違ってるんだろうけど、もうどうでもいいよと思ってしまう。

事実、視野の検査では問題ないから。

まあ、通常の視野は問題なくても、脊髄小脳変性症の症状として正面しか見えないんだしな。

この辺の話は、私以外の人には、で、結局あなたはなにがどう見えてるの?と不思議なことでしょうが、この妙ちくりんさが脊髄小脳変性症よねと。




最後に一番重要な、医療費の扱いのことです。

指定難病の医療証は使えたのか?読んでて気になっている方もいるかと思います。

結論から言うと、使えました。

帰りの会計で、眼科の分はどうなるか確認するのでと少し待たされて、使えると。

もし、緑内障なりの眼科的な病気が見つかった場合は、使えなかったんだろうなと思います。

あの医療証がどの範囲で使えるのか、少し分かり辛いけど、今回はよかったよかったということで・・・



眼科で払った金額、2割負担で1600円でした。

以上です。