全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

初めてのイースターエッグ

昨日はイースター

今年からなのか?

スーパーやらデパート、いろんなところでイースターの文字を見た。

クリスマスやバレンタインのように、イースターも日本の社会に根付くんだろか。

難しいんじゃないかと思ってるけどね、私は。

だってイースターは毎年、日が変わるから。

確か、春分の日のあとの最初の日曜日だったはず。

多分ね多分。

毎年、全然違う日になるらしい。




f:id:warasato:20170417131415j:plain


去年から教会に通っている私ですが、続いてますよ。

まだ用事がないかぎり、毎週日曜日には教会へ行ってます。

行き始めたのが去年の11月なので、教会の行事はまだ全部経験していません。

昨日初めてイースター礼拝なるものに出て、茹で玉子を貰ってきました。

イースターエッグといって、茹で玉子に色がついているものですね。

子どもの頃本か何かで見て、衝撃を受けたことを覚えています。

人が模様を描いたり、色を付けていると想像ができなくて、模様つきの卵を産むニワトリがいるんだと、驚いたんです。(笑)

ウチのニワトリは無地の卵しか産まないのに・・・ってね。



写真のイースターエッグは教会学校の子ども達が、土曜日に集まって絵を描いたそうです。

とっても可愛くって、この歳になって初めてイースターエッグなるものを手にし、ついでに食べます。

中身はいつもの茹で玉子に違いないんだけど、なんだかウキウキする!