全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

1年経ってやっと通常運転!私頑張れますから

自分が、すっごく難しい病気になった時、どどーっと落ち込みます。ショックを受けます。

そこから通常運転に戻るまで、どの位の期間が必要か?

そんなの人によるでしょ、そう思います。

私は一昨日辺りから、戻ってきたような気がします。

できる家事は減りましたが、精神状態が元の状態に戻ってきていると感じます。




1年1ヶ月振りの通常運転!




www.warasato.com


1年前はこんな感じでした。

早く日常生活を取り戻したくて、必死だったけどそんなの無理なことよのう。

冷蔵庫に玉子が10パック位あった気がします。

そこから1年かけて、病気の進行だったり、沢山の人との出会いだったり、いろんなことがあっての完全復活です。

そう、精神状態は完全復活と言ってもいいと思います。




完全復活したからには何をするか?

メチャクチャになってしまった我が家の生活を、正しい生活に戻すこと。



起きる 食べる 寝る



これを正しい時間に行うこと。

はぁ?と思われそうな目標ですが、これがまず第一にやるべきこと。

この目標を読んで、わかる人にはわかるでしょうが、娘がかわいそうな状況になっています。

息子は年齢によるものが大きいと思いますが、こんな家庭の中でも、かなりまともに自分の生活を守っています。

私が何もしてやれないのに、よく頑張っていると思います。

娘に対しては、私が頑張れない時に頑張れとはどうしても言えないし、ましてや娘の精神状態に大きな影響を与えてしまった張本人の私が、一体何を言えるだろう?

と思っていたし。

好きでなった病気じゃないけど、申し訳なさすぎる。




でももう私は母親として完全復活なんだな。

私の病気のせいでいろんな思いはさせてます、でもそれはそれ。

娘は中学生としてやるべきことがある。

それをしっかりやれるように、環境を整えるのは母親のしごと。

こんな身体で、周りの母親と同じようにはできないけれど、それでも頑張る。

私が頑張れないのに、娘に頑張れなんて言えない、そう思ってたけど、もう違います。

私、頑張れますから。

子ども達が家事を手伝ってくれたせいもあるけど、3日連続で掃除機がかけられましたー!

部屋のあちこちにあったタワー(高さはまちまち)もどんどん減ってます。

昨日はぶり大根作ったし、今日はこれからポテトサラダ作ります。

私、頑張れますから。