全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者です

よく頑張ったと、褒めてもらえました

きのうは何人もの同病さんと、コメントなどでやり取りができました。

ただただ嬉しい。

自然に知り合った人と、こんな会話ができることってないものね。





私、脊髄小脳変性症なんだ~





私も同じ、仲間だね~(笑)





こんなこと、ないない。

まずありません!

自力で同病患者を見つけられないから、患者の会はありがたいです。

ブログで繋がれることも、ありがたい。

いい時代だなと思います。




昨日は七福神のIさんがメールをくれました。

そろそろ仕事が限界な事、ここまでよく頑張りましたと、いっぱい褒めてもらいました。

そしてIさんから課されたミッションについても、褒めてくれました。

(多分褒めてくれていると思うんだけど)


ミッションについてはこんな風にメールに書いてありました。




あなたが頑張ったおかげで、会社に残したもの、社会に残したものはあると
思います。



これはきっと、私の功績を称えてくれていると思われる。(笑)

そして、こんなたった一人のあがきでも、意味はあったと言ってくれました。


障害者1人が何かをしても、何らかの変化をもたらす事は難しいと思
うけど、障害者一人ひとりが積み重ねていくことによって、社会って変わってい
くものだと思います。


きっとそうだと思います。

社会は変化していきます。

私が子供だった頃、車椅子の人がバスや電車に乗るなんて難しかったのに、今ではちゃんと乗ることができます。

私が使う駅は大きいので、ほぼ毎回、車椅子の乗客を見かけます。



私が配慮してもらいながら働いた8か月間は、きっと何かを残したと思うことにしました。

昨日のIさんからのメールで、初めてそう思ったんですけどね。

障害者に生きてる意味なんてないという考えがあるけれど、やっぱりそんなことはないよな~と思いました。

まだ障害者手帳、交付されるかどうか分からないんですけどね。