全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者です

紹介状持って、大学病院行ってきた

f:id:warasato:20151218144053j:plain


ご飯は食べられないけど、元気にしてますよ。(気分の問題)

先日紹介状を持って、大学病院に行ってきました。





私がかかった科は神経内科。

杖率高し、車椅子率高し。

待ち時間は想像してたほどではなかったかな。

最低でも2時間は待つと思っていたけど、そんなに待たなかったような。



診察は30分位だったかな?

よく覚えてないけれど、症状の経緯や病歴をとても丁寧に聞いてくれた。

その後は体の動きのチェック。

なんだかいろいろやりました。

自分でも衝撃だったのは、ETのポーズ。

先生がいろんな場所に出す人差し指に、自分の人差し指でタッチするというもの。

ETみたいなポーズ。

残念なことにできませんでした。

大体1センチくらいずれてしまう。

若しくはちゃんと指先を合わせるために、先生の指のちょっと手前で指が悩む。

ちょっと止まる。

これはショックでした。

知ってたけどね。

隣で見ていた夫も、衝撃的な場面にショックを受けていました。




この日はそのほかに血液検査をしておしまいでした。

病名は、近所の神経内科で言われたものでいいでしょうということでした。

細かいタイプというか型は、これから検査して調べていくことになりました。

次の検査は年内に受けてきます。

この検査は朝8時半に病院に着かないといけないので、7時過ぎには家を出ないと間に合わない。

この日は遅くても6時には起こしてちょうだいと、息子に頼んだりして。

ここ数日、やっぱり心は参っているみたいで、朝起きられないし、ご飯も作れない・・・

あ~、早く通常運転に戻さなきゃ。

別に診断受けたからって、症状が重くなったわけじゃないのにねぇ。

そんなところかな。





病名はまだブログには書けないんです。

親や兄弟、職場の上司が心配してくれて、その病名で検索祭りをしているようです。

このブログを見つけられたくないので、暫くは伏せておきます。

私の病気は10年近く前にエリカ様と錦戸亮くんの出演したドラマ。

あの主人公の病気と同じです。

多分、タイプは違うと思うけど・・・