全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者です

昨日の訪問リハビリ

昨日は訪問リハビリの日でした。

今はお金の関係で月1回でお願いしています。(悲)

早いとこ指定難病の軽症高額を飛び越えて、その上の特例を申請したいものです。

そうしたら今の月の上限2万円が、1万円になるはず。間違っていなければだけど。



そういうわけで、1月振りのPTさん、相談したいことがあったんだ。

相談というか、聞きたいこと。

私が通っている教会に、元PTさんがいるんです。(もひとつおまけにSTさんもいるだぞ!)

その人に「歩いてる時、止まるの難しいでしょ。」と言われました。

ピンポンピンポン!ですよ。

なんたって毎週会ってるんで、私の歩き方はよく知っています。

せっかく速度に乗って歩いてる時に、人や自転車とすれ違う…立ち止まらないと、私ぶつかっちゃうんです。

広い歩道なら問題ないけど、狭い時は極力止まって、壁など摑まれるものがあれば摑まる。

基本的に歩くときは、右に左に膨らみますので。(車の運転みたいです)

続けてそのPTさんが教えてくれました。


「小股で歩くと止まりやすいよ。」


へ~、そうなんだ。

試してみたいけど、今は大股で勢いよく歩くことでバランスをとっている(はず)、小股では勢いよくは歩けないんじゃないか?

そうしたらバランスはどうなる?

その小股歩き、やってみたいけど怖いよ、ということで試すか試さないか、私の中で保留になっていました。

今回私の担当PTさんが来たら、そのことを聞いてみたくてうずうずしてました。




で、聞いてみた。

その結果、広い歩道と狭い歩道で、大股小股を使い分けてみて…と。

わらさとさんの今の状態なら、まだ使い分けができるし、バランスもとれるはずと。

そうですかそうですか、やってみますよ調子に乗りますよ、使い分けてみますよというわけで、今日早速試してみた。



できた!



おまけにバランスも問題なし!



足を動かす回数が若干増えるから、疲れたような気がするけど、ちゃんと歩けました。

狭い歩道ですれ違う時の恐怖心が違います。

立ち止まるかどうかの決断が簡単にできた。

これはやってみてよかったんで、積極的に狭い道も歩いてみようかなと。