読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

春、離任式、勇気を出して行ってこい

今日から4月、新しい年度です。

新生活が始まる人も多いですね。

そして新年度、異動のシーズンです。

私の主治医は異動だそうで、次回の診察からは新しい先生。

あとは昨日我が家に来てくれたんですが、区の保健師さん、横浜市の在リハPTさんも異動は無し。

神経内科の主治医はせっかく話しやすくなってきたのに、異動ですか・・・残念です。

また新しい先生とイチからやり直し。



そんな自分に関係ある人達の異動の話は置いておいて。

子どもの学校の先生、こちらも一人とてもお世話になった先生が異動です。



www.warasato.com



去年もありましたが今年もやってきました離任式問題。

とはいっても、去年はそれほど問題ではなかったかも。

去年の4月はまだ杖ついてなかったし、長時間立っていることもそれほど苦ではなかったし。多分ね。

今年は杖持ってるし、立ってるのは辛いしね。

娘は卒業したけれど、小学校の離任式に行きたいな。

ちゃんとお礼を言って、先生とお別れしたいと思ってます。

我が家から学校は近いし。

ただここで大きなハードルが。




杖、見られたくない!




異動になった先生は、私が杖になった事を知ってるし、その状態で何度か会っているからいいんだけど、他の保護者がー!

知ってる人に会う可能性、高いし。

たかが杖なんだけど、またあのお決まりのやりとりをするのかと思うと、めんどくさい。

杖のこと聞かれるの、めんどくさい。

でも、離任式行きたい。

どうしようかねー。

たかが杖だろが。

勇気出せよ、自分。