全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。

今を生きる

昨日は日曜日なので教会に行く日。

礼拝の後は愛餐会といって、みんなで一緒に食事をします。

大体カレーのことが多いんですが、昨日はコンビニおにぎりでした。

定番の具材のものと、ちょっと変わったものが沢山あって、その中から自由に選んで食べます。

1人2つ選ぶんですが、私はいつも定番おにぎりと変わり種おにぎりを選びます。

特に昨日は『ギョーザおにぎり』というかなり変わったものがあり、私はちょっと考えてそれを選びました。

チャーハンのおにぎりがありますが、その真ん中に揚げ餃子がはめ込まれている?そんな見た目のおにぎりです。

それを選んだ人は少なかったようで、勇気があるというか少し変わっているというか・・・

微妙な反応をされました。(笑)




だってさぁ、今回を逃したらいつまた出会えるか分からないじゃん!





少しでも気になるならね、食べておかないと。

小学生の時に一期一会という言葉を知って、そんな生き方ができたら素敵だなと思ったことを覚えています。

一期一会の意味とは少しだけ違うような気もするけれど、私はどんな時も『これが最後の出会いかも』と思って生活しているようです。





去年ある教会の集会で『いつかやってみたいこと』というお題で一人ずつ話す機会がありました。

困りました。

いくら考えても、私にはいつかやりたいことがない!

今できないことが、病状が進行してからなんて絶対できないじゃん。(笑)

だから私はいつでも『今』を生きています。

この病気になって3年半か?

自然にそういう考え方しかできなくなってた!

これは健康な時に憧れたカッコイイ生き方かもしれないから、ちょっといいことかも。(笑)