全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。できることは減ったけど、妻として母として毎日をアツクルシク生きてます。

見たい!知りたい!行ってみたい!

f:id:warasato:20180520002100j:plain



じっと家の中で引きこもっていた反動なんでしょうか、娘の好奇心が凄すぎます!

木曜の夜にツイッターで見た山下公園のバラが綺麗だったそうで、「明日バラを見に行こうよ。」と。

母親である私は今まで一度もバラを見に行きたいなどという、乙女チックなことを考えたことがありません。

15歳の娘がバラが見たいから山下公園に連れてってくれだなんて、ちょっと意味がわからない。

よく分からないけど、どうしても行きたいからということで金曜日は頑張った。

娘の学校は夕方からなので、その前に山下公園へ。

で、できたらバラを見た後、娘とは別行動で行きたいところもありました。



でもその日はとっても暑かった!

 

f:id:warasato:20180520002125j:plain



関内駅から歩いて山下公園へ。

この時点で暑すぎて泣きたい気分。

吹き出すという感じではないけれど、絶えず顔面汗まみれ・・・

歩きながら何かをするってことができないので、いちいち立ち止まってタオルで汗を拭く。

予想以上に大変な思いをしながら、やっとこさ山下公園到着。

一緒に暑い暑い言いながら歩いていた娘、バラが視界に入った途端に走り出す。

そしてバラの前に立ち止まり、スマホでパシャパシャ。

撮り終えるとすぐに隣のバラをパシャパシャ。

私はあまりの暑さと、久し振りの長時間の歩行で横になりたい気分。

さすがに横にはならないで、ベンチで休憩。

その間、娘はまるでミツバチのように花から花へ。

・・・30分くらい?それ以上?

本当に楽しそうに、バラ園の中を飛び回っていました。




私はせっかく遠出?をしたので行きたいところがあったんだけど、久し振りの外出で疲れ果て真っ直ぐ帰ることに。

帰り道に娘は「バラの写真100枚撮ってた。」と嬉しそうに報告。

何か理由があってバラを見たかったのかと思っていたけど、ただ純粋に綺麗だから見たかったのだそうだ。

花を見て美しいと思える、ましてやそのためにわざわざ出かけようだなんて、心に余裕ができて健康的になったんだなと実感。




山下公園が遠出になってしまったなんてちょっと寂しいんですが、人の多いところに出掛けるのっていいもんだなと思いました。

お陰で翌朝は体中筋肉痛で、動きづらくて大変。

家の中でも動くのがしんどい私に、娘は次の見たいもの、行きたいところの話。

今度は洋風のものが見たいと言うので「山手の洋館なんてどう?」というと「日曜日に行こう!」だと・・・

さすがに日曜日は無理です、歩けませんよ。

そんなことを話していたら「オーケストラも見たいんだよね。」と。(笑)

この調子だと来月辺り「海外に行きたい。」とか言い出すかも。

そう思いませんか?