全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

心を込めて、今日一日を全力疾走する

今朝たまたま見かけた「緩和ケア病棟」の文字。

インスタでフォローしている方が、入院中の病棟から緩和ケア病棟に移ったという投稿。

朝からすんごく考えた。

その方も子育て中のお母さん。





私は毎日毎日、今日がいちばん動ける身体!と頑張っている。

そして毎日が覚悟の連続でもある。

いつもは毎日という言葉をよく使っているけど、今日は24時間について考えました。

まだまだ覚悟が足りないと。

今日なんてだるいし頭は気持ち悪いしで、まっすぐ座っていられない。

常に首をかしげている感じ。

5分ほど座っていては、その場で横になる。

また起き上がる、そして横になる。






あれもしたい、これもしたい。

でもあれもできない、これもできない。

体力と時間には限りがある。

今日の私の体力でできること、諦めること。

言い訳ではなくて、折り合いをつけないと暮らせない。





だんだんできることが減っていく私の病気。

でもこの病気が直接の死因になることはないらしい。

だからおばあちゃんになれるのかもしれない。

不自由な人生が長く続く未来をイメージしていた。

常に長いスパンで病気を考えていた。

でも今日は一日の尊さを再認識、朝からインスタを見て。





病気が違うから、生き方も違って当然だけど、もうちょっと今日一日を丁寧に味わいたいなと思ってしまった。

頭痛いけど、だるいけど、素晴らしい一日だなって思う。

今日できること、精一杯やってます。

毎日を覚悟と共に生きてますなんて、聞いただけでも肩凝りそうだけど、今日を自分史上最高の日だと思って過ごそう。

丁寧に全力疾走だな。

大袈裟で恥ずかしいぞ、今日のブログ。