全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。

障害年金にチャレンジ

遂にというか何というか・・・

私も障害年金の申請にチャレンジしてみることになりました。

って、なんだか楽しそうに聞こえますが、全然楽しくありません。

非常にめんどくさい!



が!



いつかはやらなきゃいけないこと。

いや、そうか?

違うかもしれないけれど、神経難病になってしまった人はどこかの段階で、障害年金の申請をするでしょう。



当然といえば当然なんだけれど、私も脊髄小脳変性症の診断を受け、いろんなことを調べた時すんごく気になった。

気になったなった!

障害者手帳、指定難病の受給者証、介護保険、ここまでやったら次は障害年金だもんな。

どんな病気の人もそうだと思うけれど、やっぱり自分と同じ病気の患者さんのブログって読んでしまいますよね。

私も当然読みました。

けれども障害年金のことって、あんまり詳しく書いている人が少ないです。



申請しました→通りました!



という程度にさらっと書いている人が多いような。

肝心なこと知りたいことって、詳しく書いてあるブログってなかったのです。

なので私は障害年金の申請について、できるだけ詳しく途中経過を書いていきたいと思います。

まあ、できるだけですから、できるだけ。

私のできるだけなので、それで頑張ってみます。