全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

息子は頑張ったが、私も頑張ったのだ

ご無沙汰してました!

先週の日曜日の更新後、毎日忙しくしておりました。

1週間のうち用事があった日が5日も!

当然、連日の外出もあったわけで、疲れ果てました。

とはいっても、今週も先週と同じくらいの予定が入っています。

できるんだろうか?

できるんでしょうねきっと。

帰宅後に家のことを無視して昼寝、昼寝、昼寝・・・

多分これでなんとかなるはずです。




それだけではなく、昨日は息子のことで大きな区切りがあり、安心感でやや脱力しています。

日商簿記1級の試験を昨日無事に受けることができまして、ほんとにほんとに脱力中なのです。

簿記の試験は3級2級1級とありまして、単純に考えても1級が1番難しそうですが、実際難しいらしいです。(しらんけど・・・)

内容的には、ほぼ簿記ではないです!(笑)(なにか超越してます)

息子が問題を解説してくれるんですが、日本語だということ以外全く意味が分かりません。(笑)





この試験の為に、半年以上朝から晩まで学校で勉強し、家でも早朝と帰宅後に延々勉強していました。

あの頑張りを見ていたら、母としてサポートをしたいじゃないですか。

あれができない、これができないと言いながらも、なんとか私なりに頑張ったつもりです。

息子の真剣さが増すたびに、内心「ひえ~!母ちゃんそんなにできないよー。」とビビりまくっていました。

もっとご飯を作ってあげられたらよかったんだけど、難病母ちゃんにしては頑張ったと思っています。

もう一度やれと言われてもほんとに厳しいので、どうか受かりますように。

試験後に出た解答速報では、全科目合格点にいってるので大丈夫だと思いたいです。

日商さん、予想通りの配点でお願いします。