思春期の娘と、杖を持った母親と

中学生の親をやりながら、進行性の神経難病・・・困ったなと思うこともたまにある。

たまに?と思われるでしょうが、たまにです。(笑)



明日は三者面談です。

中学校まで歩いて5分。

担任の先生は私の病気のこと、ご存知です。




何が問題かというと、杖を使わないでくれと娘に言われていること。

現在の私は、どこへ行くときも杖を必ず持っています。

なくても歩けると言えば歩けます。可能ではある、そういう感じです。

でも杖がないと、相当怖いです。

怖くても、まだ歩けるからなぁ。



学校へ行くということは、その道中(5分だけどね)や学校内で、他の生徒や保護者に会うことになります。

それがクラスメイトかそうでないかは、問題じゃないらしいです。

とにかく杖を持って変な歩き方をする母親と歩くことに、抵抗があるらしいのです。

そりゃそうだ。

それでだけでなく、お母さんをかわいそうだと思われたくない、そんな気持ちもあるみたいです。



中学生だから、いろんな思いがあるだろうな。

しょうがないよな。

だから今回は頑張ることにしました。

杖無しで行きましょう。

腕にも掴まらないでほしいと言われましたが、それも了解だ!

まだ歩けるもんね。

明日はしっかり歩いて行ってやろうじゃないの、三者面談。




そう明日はいいけど、3学期の面談はどうする?

杖無しで行けるかなぁ?

先生に相談か、父ちゃんに行ってもらうか?

3学期は息子の卒業式もあるしな、そっちは休みを取ってもらって、夫婦で行くしかないなと思ってはいるけど。

そこまで考えたら、来年の娘の卒業式はどうするか?

1年後は杖無しじゃ無理でしょう。

私は行くのやめるか?

今考えたってしょうがないけれど、ん~どうしよう。

まあとにかく今夜は、明日無事に学校へ行くことだけ考えるとしよう。

雨は降らないようだから、大丈夫。