読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

久しぶりに会った人に「元気だった?」と聞かれたときの正解を夫に教わった

自覚ありですが、やっぱり精神状態は良くないです。
上がったり下がったり。



よく人から前向きだとか明るいだとか言われるけど、そうですか~と思ってます。
それって難病で辛いだろうに前向きだね、って意味でしょ。
身体が動かなくなるって大変な病気なのに明るいね、ってことでしょ。



自分で書いた文章で、すでに突っかかってるっていう素早さ(笑)
暗かったり、後ろ向きでいた方がいいんですかね~。
どうなんでしょう。



もうね、すぐ突っかかる。(笑)


こないだも久し振りに会った人に「元気だった?」と言われてしまった。
しかも同じ日に2回も。
久しぶりに会うくらいだから、当然私の病気のことなんか知らないはずです。



私だって知ってるんです。日本人を40年もやってるんだから。
他人と会った時に言う元気?の意味くらい。
相手を奈落の底に叩き落とそうなんて考えは1ミリも無い事も。
ただのあいさつです。
深い意味なんてありません。



分かっていても、元気?っていう言葉には物凄い破壊力がある。
その人に会えた嬉しさが一瞬でどっか行く。
1秒もしないで病気の発覚から今日までの事が頭の中に渦巻いてしまう。グルグル止まらない(笑)
で、心の中でだけ戦闘モードになっちゃう。


元気かどうか知りたいのかよっ!



表情には出てないと思うが、心の中は大変なことになってしまう。
その戦闘モードを引きずったまま家に帰る。
夜を迎える。
で、夫に愚痴る。



今日も元気?って言われたよ~、なんでそんな事言うのよ~!



なんて答えるのが正解なのさ~




夫が答えを教えてくれる。




うん!




って言えばいいらしい。




そう言えるようになるのは、何年先かな・・・
トホホですよまったく。