田中くんはいつもけだるげ、興味ないのに今日はウケた

6月はやっぱりダメだ。
体調悪い、頭痛いし目もまわる。


昨日はピア相談員の研修だったのに、家から出られなかった。
目がまわるし気持ちが悪い。
その上昨日は気温も上がる予報だったので、出先でどうにもならなくなったら、と考えたら断念するしかなかった。
あ~残念。


万が一階段から落ちたらと考えると、恐ろしい。
気持ちはあっても、安全を一番に考えなきゃいけないのはしょうがないか。
こういうのにもそのうち慣れるんだろうか。




ついでに今日も体調不良で有楽町の野党4党の街宣、諦めました。
HPに大街宣って書いてありました。
行きたかったよ、は~残念。



昨日の体調を考えれば今日だって無理なのは分かってるのに、朝起きてから考えようと思ってました。
で、断念。
そしてなぜか田中くんはいつもけだるげを娘と見ました。


大人の私には何が面白いのか、全然分からないお話です。
まあ娘が大好きなのでね、いつも録画したものをなんとなく見ていました。


で、今日のお話は田中くんの学校の文化祭。
いつも通りめんどくさいことが嫌な田中くんは、気配を消してやり過ごそうとしてました。
私はいつもちゃんと見ているわけじゃないので、今日初めて見たんですが、いつもああやって気配を消してるのか?
ただの透明人間じゃないか・・・


でも積極的に係決めに参加しなかったせいで、主役の幽霊役になってしまった。
ここで一回目の笑い。(私が笑ったのだ)


いつもなら見ないんだけど、今日はそこからちゃんと見てしまった。
本番当日の昼休憩で静かなところを探して1人さまよう田中くん。
なぜか見つけた段ボールの中に入って目を閉じるところで2回目の笑い。
なんか可愛いんだよな、田中くん。
太田君が世話を焼くのも分かる。


で、一番おもしろかったのは、メイドカフェから出てきた可愛いメイド服の女の子。
これが越前だと分かった瞬間、この1週間で一番笑った。


メイド服着た越前を見てから、もう6時間は経ってるけど、思い出しては笑える。
いつもちゃんと見てないようでも、登場人物の人となりは理解してたみたいだ。
・・・にしても越前、あれはおかしい。
可愛かったけど。