娘の担任の先生の異動です、理解者がいなくなるけど母子で強くなる!

おはようございます。
今日はいい朝でした。


昨夜のうちにちょっとした常備菜っぽいものを何品か作ることができ、すっごく久しぶりに麦茶の準備もできました。
今朝は夫におにぎりと水筒を用意して、送り出すことができました。


バイクで出掛ける夫を窓から見送った後、窓はそのまま開けっぱなしにして、他の部屋の窓も全部開けました。
家の真ん中のリビングにいると、新しい空気が抜けていくのを感じます。


実に気持ちいい朝です。
毎日やろうと思っても、できないことが多いです。


窓を開けて空気を入れ替えるのは、まだ子供たちも起きていない時間が清々しいです。
早く起きて、この清々しさを君たちも感じろよ、とも思いますが独り占めもいいもんです。

ここは住宅地なので、早朝5時はとっても静かです。
街が起き出す一瞬前の贅沢な時間です。


それから窓を閉めて、リビングで新聞を広げます。
今日は3月31日、毎年恒例の教職員異動記事が載っています。



何日も前からこれが気になっていました。
それは毎年のことですがね。


今年は娘の担任の先生が、残るのか異動されるのか、とっても気になっていました。
小さな文字をよく見えない目で探していくと、残念ですがありました。


しょうがないことと分かっていても、ショックなものです。
あ~、異動なのか・・・
また春からやり直しだ。


担任の先生は私の病気のことも理解して下さり、娘の精神面もケアしてくださっていました。
とっても辛かったけど、親子共々この先生だったから頑張ることができたと思っています。


頑張ったと言っても、結構学校は休みましたけど・・・
でもその程度で済んだんです。




また新学期から、新たに担任の先生との関係を築いていかなくてはならない。
どんな先生になるのか。
かなりの不安です。
娘も不安でしょう。


でもこれも私たち親子が、次のステップに行くための試練なんだと受け止めます。
難病を受け入れるのは大変な事です。
受け入れるのにも順序があると思います。
ちょっとずつ段階的に精神的にも安定していくはず。(自信ないけど)


いつまでも毎日が精いっぱいなんて状態じゃいけない。
ちょっとずつ厳しいことにも慣れていかないと。


難病で頑張ってる人なんていくらでもいますよ。
なに辛いなんて言ってるんですか。
そんなの甘えです。
親だったら、難病だろうが何だろうが、親らしいことしてくださいよ。


こんなスタンスの先生に当たったとしても、私は頑張ります。
もしそう言われても、それは当たり前のことだから。


告知からの数か月は娘のフォローなんてできないと思っていて、それで良しとしてきたけど、もう次の段階です。
明日からは4月、新しい季節です。
母親として精一杯やりますよ。
できますきっと。


天気がいいので今日の思考は前向きです。。
今日は日比谷公園で障害者差別解消法施行のパレードがあります。
2時まで仕事なんですが、元気が残ってたら日比谷まで行ってきます。
今日はちょっと目が回るので、自信ありませんが行けたらいいなと思います。
まずは仕事に頑張って行ってきます。


本日も朝から、私のブログに来てくださってありがとうございます。
感謝です。