全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

無理のない勤務時間に変えてもらいました

有り難いことに、身体が楽です


今日からパートの勤務時間が変わりました。
以前はお昼から夕方の勤務でしたが、今後は午前から昼過ぎの時間帯になります。
スタートが2時間早まっただけですが、気分的には随分変わりました。
ついでに働く時間も減りました。
6時間から4時間になりました。
と、その前に。
もしかしたら私の勤務先の同僚がこのブログを読んでいるかもな~、と最近感じています。
ブログやってるの?なんて聞かれたことはありませんが、病気の事をよく知っている人とかいるんです。
一緒に働く仲間の病気ということで、調べてくれてるみたいです。
興味を持ってもらえることは有り難いです。
でももしこのブログを読んでいても、知らんぷりしててくださいね。
・・・だって恥ずかしいですから~。



で、勤務時間が変わって、生活のどこが変わったかといえば時間です。
以前は出勤時間が11時近くだったので、朝は余裕がたっぷりあります。
寝坊したってまず間に合います。
前夜のやり残しの家事もできます。
だから夜布団に入る時間が遅くて遅くて、問題大ありでした。
大体夜中の12時から1時頃でした。
こんな生活を続けていたら、体に良いわけもないし、子どもにも良い影響はありません。


夕方以降にも元気が残ってる


これが朝家を出る時間が9時前になることで、自然に夜も早く寝るようになればいいなと思っています。
先週から家族のお弁当を再び作れるようになったので、早起き母さんになれるよう頑張ります。
今朝は朝食を作ったり、洗濯をしたり洗面所の床を拭いたり、意外といろいろなことができました。
その上充実感も半端ない!
やっぱり朝型の生活っていいもんだなと思いました。
仕事から帰ってきても、まだ元気が残っている。
今日は夕方にアイロンがけをやってしまいました。
これは本当にいいかも~。



お給料は減るけど、家での時間と元気が増えるんだからいいか。
明日からも頑張ろう。
きっとこれは通常運転の兆しだと思う。
今夜も早く寝るのよ!
頑張れ、私!