全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

退職の手続きのため、久し振りに職場に行ってきた

昨日は手続きの為に、職場へ顔を出してきました。

どのくらい振りなのか?

一ヶ月くらいなのかな。

久し振りに会う人ばっかりで、楽しかったです。



手続き


きのうした手続きは、障害一時金の申請。

在籍中に障害状態になったら下りるお金です。

10万円です。

今の私には大変、それはもう大変有り難い金額です。

でも昨日は、その金額以上に嬉しい時間を過ごせました。

ただ、行って手続きしただけなんですが。(笑)




狭い事務室で、事務員さんと上司と私。

本社から社内郵便で送られてきた書類を熟読する私達。

2人の会話から、私がいない間に何人もの人が手続きのことで、あれこれしてくださっていたのが分かりました。

庶務だったり共済会の給付金担当者だったり、皆さん業務と言ってしまえばそれまでですが、障害一時金の申請なんてそう頻繁にある事案ではないことは確か。

それは本社とのやりとりを聞いていればよく分かります。

・・・きっと珍しいんだろうな。

そうやって沢山の人達が動いてくれて今がある。

そしてここまで働かせてもらえた。

次は障害年金の申請です。

これも申請書類を貰ってきたので、共済会に提出する書類を揃えて、来週にでもまた行ってきます。

月額2万円ですが、3年間貰えるそうです。

本当に有り難い。


みんな優しかった


私の病気のことを知っている人も何人もいたけど、知らなかった人もいたらしい。

最初に数人に話した時に、勝手に広まってくれることを予想したんだけど、見事に広まらなかった。

女の人は噂話が大好きなはずなのに、なぜか私の病気のことは誰も広めてくれなかった。(笑)

知らなかった人には申し訳なかったな、いきなり杖持ってる姿を見せてしまって。



そして昨日はたくさんの人に会えたんだけど、忙しい時間だったこともあって、話ができた人は少しだけでした。

話すことができなくても遠くで、私の姿を見つけてくれ満面の笑みをくれた人もいっぱいいました。

って、全員でした。

ほんの1ヶ月ほど前まで、一緒に働いていた私が杖を持っているので、心の中ではギョッとしたんだろうけど、誰も顔に出さなかったなぁ。

有り難い。

また来週手続きの関係で顔を出すけど、昨日はみんなに会えて本当に嬉しかった。