全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

入学式の準備

先日息子のスーツを買いに行きました。ちょっと遅いんだけども。

高校を卒業し、春から専門学校に進学する息子。

2月に入ってから「入学式に着るスーツを買いに行こう。」と声をかけていたんだけど、なかなか私と息子の予定が合わず。

3月に入ってから、ようやく買いに行けました。




本人は入学式に何を着るかなんて、全く考えていなくて、「入学式ってスーツじゃなきゃダメなの?」なんて言っておりました。

ダメってことないだろうけど、結構な確率で浮くだろうね。

私は大人なので、スーツじゃないとね~と思っていましたよ、勿論。

年が明けてからは新聞に入るチラシの中から、紳士服のものを何枚かとっておきました。

だって、割引クーポンとかついてるものが多かったので。

で、結局買いに行った頃には期限が切れていて使えなかったんですが。




そして雨の降る寒い3月のある日、私と息子は洋服の青山にスーツを買いに行きました。


そこで買ったものは、フレッシャーズ向けの8点セット。

まずスーツ。

これは黒を選びましたよ。

高校生のうちは制服がありましたから、冠婚葬祭いつでもこーい!でした。

が、卒業後はあの制服は着れません。

なので、なんの模様も入っていない、ただただのスーツを選びました。

メインのスーツを選んだあとは、店員さんに連れられてお店の中をあっちに行ったりこっちに行ったり。



f:id:warasato:20170328230749j:plain


靴を選んだり


f:id:warasato:20170328230815j:plain


ワイシャツ、ベルト、ネクタイを選び、ポケットチーフまで追加してしまった。


f:id:warasato:20170328230932j:plain


肌着と靴下、ハンカチは特に選ばず、というかお任せですな、もうセットになってました。

結構時間がかかり私も立っているのが大変で、靴下なんてなんでもいいだろ~状態だったので、選べなくても全然OKでした。

安く済むかと思っていたけれど、名入れやズボンの加工(選んだスーツはズボンが2本ついていたから、加工も2本)などで、5万円弱かかりました。

一生懸命、節約に励んでいますが、これはしょうがない出費だよなと。

私も頑張るのから、お前も頑張れよと少し投げやりな母なのでした。