全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

・・・退職。

今日は制服などを返すため、元職場に行ってきました。

鍵やらハンコやら、その他いろいろ。

あと皆さんにお礼の気持ちのお菓子。

今まで皆さんにしてもらったことを考えたら、ほんの少し、本当に少しばかりのお礼だけど。



本当だったら去年の年末で辞めていたはずの仕事です。

沢山の配慮をしてもらって、働き続けることができました。

2月くらいから、1日6時間だった勤務時間を4時間に減らしました。

4月くらいから、週3日から週2日の出勤に減らしました。

7月くらいから、時間通りに出勤できない日が出てきました。

8月には、予定通りの出勤ができなくなりました。

欠勤が増えました。

9月は1度だけ出勤できました。

それが最後になりました。




退職日は11月15日でした。

たった4年と3カ月でしたが、とってもとっても楽しかったです。

いつまでいるのか分からない私への特別扱いに、納得いかない人がいたかもしれません。

でもそういった不満の声が私の耳に入ることは、ただの1度もありませんでした。

だからいたかどうかもわからないけど。

いてもおかしくないよなと思う。

でも皆さんが私の為に協力してくれたこの11か月。

本当に本当に有り難かった。

制服を返しに行ったら、本当に終わってしまうのが寂しくて、綺麗に洗った制服になかなかアイロンかけられなかったよ。

でも頑張って行ってきました。



たくさんある卒業ソングを聞くと必ず出てくる言葉。

旅立ちとか、別れとか。

そして必ずセットで出てくる言葉もある。

新しい世界とか出会いとか。



かなり寂しかったし、勇気も要った。

でも少女マンガみたいに、私は新しい世界に飛び込む!

進行性の難病患者として、障害者として・・・(笑)

今日、新しいドアを開けてきましたよ~!

リハビリ専門病院なんですけどね。(笑)

行ってきました、今日は卒業式と入学式を一度にやってきたようなものです。

寂しいけど、これから始まる新しい日々に胸がワクワクしています。

ホントなんだってばさ。