全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。先祖調査や英語学習について書いています。

私が英語に興味を持つなんて

おはようございます。
朝わりと気分良くブログ更新ができるときは、朝の挨拶がしたくなる。(笑)
なんなのだろう。

あれから毎日、海の向こうの親戚とメールのやりとりをしています。
ほんとに毎日。
以前だったらアルファベットを見ただけで、これは無理だと脳がシャッターを下ろしてました。ガラガラと。
それが今では最後まで読めるのですよ。
ほんとに不思議なこともあるもんです。
自分宛のメールだからか、何が書いてあるか分かりたいのです。
『分かりたい』というより『判りたい』かも。
私はDeepL翻訳というものを使っていますが、届いた英語のメールを日本語に翻訳した瞬間の感覚はまさに『判った』!
いや解読してるようなものだから『解った』なのかな。

その瞬間がとてもドキドキするし楽しいものなのですが、人間というのは欲張りです。
自分で読みたくなるものなんですね。
自分で自分に驚いています。

英語の辞書が欲しくなったんですよ。
でも我が家には無いのです、ついこないだ捨ててしまったのです!
なんてこった!です。
10年以上前、子どもが中学校に入学する時にちゃんと買いました。
ジーニアスの第4版です。
でも、上の子も下の子も大して使わなかったのです。
その後もいつか使うかもしれないと、誰も使わない辞書をとっておいたんですが、ついに2ヶ月ほど前に捨てたんです。
今まで必要にならなかったんだから、この先も使うことはないだろう、と。

そしたら直接にこんなことになるなんて。
落札しましたよ、ヤフオクで。
捨てたものと同じ第4版、200円でした。
こんなに嬉しいもんだとは、自分だけの辞書。
よろしくお願いしますよ。