全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。

運転免許の失効、グッバイ人間。

最近は眠れないことが多いんだけども、今夜も眠れない。

が、さっき眠剤飲んだから横になって目を閉じたら、3秒で眠れるはず。

でも今夜はもったいなくて眠れない。

いや寝たくない。

起きたら朝になってるはずなんで。

 

 

運転免許のはなしです。

3年くらい前にネットで見ました。

病気身体障害者になった若い人が免許証を返納したはなしを。

身体に障害があっても、運転免許が取れたりするのは知っているけれど、まぁどうしようもない障害もあるのです。

 

 

私は病気になってから割とすぐに、免許の更新があったような気がします。

確かその時はもう杖を使って歩いていたんだけど、更新の為に警察署に行くときは持っていかなかったはず。

その時から、いつかは免許の更新ができなくなるかも、とたまに考えるようになったんだった。

 

ネットで読んだ、若い人の免許証返納のはなし、なんとも言えない気持ちで読んだことを思い出す。

だって他人事じゃないから。

あれから自分の免許証返納のこと、ちょこちょこ考えていました。

考えても考えても、なかなか答えはでません。

 

 

そしてついに緊急事態宣言が出ているさなか、運転免許証更新のハガキが届いてしまったわけです。

そからは待ったなしです、決めなきゃいけない。

緊急事態宣言下の特例で、更新の期限を延ばすことができ、その期限は8月31日になりました。

この数ヶ月、悩みに悩んだ。

運転経歴証明書を発行してもらうことも考えましたが、それは結局やめることに。

 

 

今の私は少しの視線移動で目が回る。

運転席からサイドミラーどころか、ルームミラーが見れません。 

シンプルに考えて、運転はもうできません。

できないんだから、免許証はいらない。

このまま静かに失効させよう。 

そういうことにしよう。

 

 

教習所に通っていた時は、こんな未来があるなんて考えてなかった。

免許は取ったら一生だと思ってた。

病気の進行を感じる時はつらい。

けれど、今回もつらい。

まるで人間じゃなくなるみたいだ。

この後、寝て起きたら8月31日。

いや既に8月31日だけど。(笑)

免許証が生きてる最後の一日。

どうやって今日までの私を弔おうか。

明日一日考えよう。