全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。

眠れない話と病院嫌い

一昨日か、夜なかなか眠れないんだということを書きました。

それは病院で話したほうがいいよと、何人かの人に言われました。

そりゃそうだろうなと思いますよ。

でも、私は病院嫌いなんですよ。

医療への抵抗というか、恨みというか。

脊髄小脳変性症を治せないくせに、大したこと無い身体の不調を治せることを、『ほらどうだ!』と偉そうにしてるように感じるのです。

 

だから2年前にできた薬疹、いまだに治していません。

地道に毎日引っ掻いているので、まだまだ現役の傷です。

もう2年経つのに。

脊髄小脳変性症が治らないのに、そんな傷を治してもしょうがない気がするのです。

 

 

で、昨日は大学病院で診察の日。

眠れないことを話して睡眠導入剤っていうんですか、それをもらうか、それとも話さないか。

前日から悩みに悩んで、結果、言ってしまった!

2月に入ってから眠れないと。

10年くらい前にうつ病

になったときも、こんな感じだったなと思い出しました。

あの時も眠れないと言ったら、じゃあ薬をと簡単に処方箋を書いてくれたなと。

そんなものなんでしょうけど、今回もとてもあっさり薬を出してくれました。

 

 

これは依存性がありませんからと、出された薬はベルソムラ錠15mg。

昨夜恐る恐る試してみました。

飲んでどのくらいでどんな変化があるのか。

15分?30分?少しずつ全身がだるくなり、急に身体が暖かくなりました。

その後に全身がダラっと緩む感じがして、それの心地よいことと言ったら。

去年から精神的にとても不安定になり、周りからは精神科に行ったほうがいいと言われていました。

病院なんか行きたくないと必死に抵抗していたけど、薬に頼ることも悪くないなと少しだけ思いました。

次回の診察のときにそのことを話してみようかなと、やっぱり少しだけ思いました。

そうそう、昨夜はそこまで考えたところで眠れたようです。

ちょっと嬉しい朝です。