全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。

今日から令和

時代が平成から令和に変わりました。

変わったからといって、私には何の変化もありませんが。

ただ今日テレビで見た新天皇のお姿、これは感慨深いものがありました。

ただの一国民が感慨深いってのも変かもしれないけれど。





今を遡ること35年前、多分そのぐらいだ。

私の住んでいる地元のとある研究所に、当時の浩宮様が来られたことがあって。

その帰り道にたまたま遭遇して、というかそこに集まっていた5~6人の主婦の人達に「もう少しで浩宮様が出てこられるから、待っていなさいよ。」と言われ、そこで待ったんだった。

すぐと言われたけど10分位は待ったと思う。

そして研究所から出てきて、私達(主婦10人くらいと小学生3人位)の目の前2メートルくらいのところを通られたんだった。

待ってる間に主婦が少し増えた。





子どもなんで皇族になんて全く興味なかったけど、たった10人位の人達に今と同じにこやかなあの笑顔で手を振ってくれたのを覚えてます。



・・・あれから35年



赤坂御所から皇居へ向かう車の中から手を振る天皇陛下、なんとも言えない感情が沸き起こりました。

生まれた時から決まっていた運命をしっかり受け入れ、一般人ならそろそろ一仕事を終えるような年齢から天皇としてのお働きが始まる。

わらさとさんのボギャブラリーって・・・と思われるかもしれないけど、ただ凄いことだなーと思いました。