全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。できることは減ったけど、妻として母として毎日をアツクルシク生きてます。

息子の卒業式に行きたい!

今日は少し肌寒い感じもしましたが、確実に春が近付いていることを実感します。

朝、今日は何を着ようかと考えた時に、ヒートテックの半袖を選ぶ日が多いです。

先週は1度も極暖を着ていません。(笑)






こんなに暖かくなると、外に出る時にそれほど大きな覚悟をしなくても大丈夫。

心が軽くなったついでに息子の卒業式に行ってみようかと思っています。

ついでかよっ!と言われそうですが。

去年の冬頃か秋頃か、息子の専門学校の卒業式のお知らせがきました。

それを見て、私には無理っぽいなと諦めたんです。

場所がやや遠いことと、時間が早いこと。

時間が早いといっても、ごく普通の時間なんですがね。

その時間に会場へ着くには9時前後の電車に乗ることになります。

7時8時の電車に比べれば大したことはないけれど、私には厳しいので。






私がその場所まで行くのが難しいことは息子も分かっているので、来てほしいとは言ってなかったんですが・・・

少し事情が変わりまして。



子育て期最後のイベントかもしれないので、
いっちょ頑張ってこようと思います!



単純なんですが、卒業式で息子が表彰されるそうなのです。

息子の2年間を振り返れば、そりゃそうだよねということですが。

本当によく頑張ったと思います。

息子の部屋に残る(捨て切れないらしい)解いた問題の紙の山が、戦いの激しさを物語っています。

ほんとに大変だったんです、私も。

普通の母親なら家での食事にお弁当作りも、苦じゃないのかもしれないけど、難病患者の私には大変なことでした。

してあげたいことはもっとあったけど、母親のサポートがほぼ無い状態でよく頑張ったと思います。

あの時の息子の頑張りを思ったら、川崎まで行くなんてなんてことないかも。


卒業式、頑張る。