全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。できることは減ったけど、妻として母として毎日をアツクルシク生きてます。

なんなんだ、この解放感は!

息子の就職が内定し、最後の学費も納め、なんだかとっても清々しい毎日です。

本人もいろんなものから一旦解放され、楽しそうに飛び回っています。

そして、今まで落ち着いて考える事ができなかった自分のことを、やっと考えられるようになりました。

たった数日の間にこんなにも心境って変わるものなんだと驚いています。



脊髄小脳変性症と診断されたとき、息子は高校2年生。

すぐに3年生になり進路を決める時期がきました。

とにかく「就職する」の一点張りの息子に、どうしていいのか本当に困ったことを覚えています。

まずは学校の進路相談室に出向き、学校に来ている沢山の求人票を読み漁りました。

どれだけ見てもいいと思える求人はなく、これならマシかと思えるものもなく。

・・・途方に暮れました。

その後なんとか専門学校に入学し、今に至ります。

その時から今まで、とにかく息子の進路のことだけが気がかりで。




ここ2~3日の清々しさというか身軽になったような感覚はなんなんだ。

これってあの時からずーっと重いものを私も背負っていたということなんだなと実感しました。

ほんとにできることなら、ピョンピョン飛び跳ねたい気分!




で、今考えているのはキリスト教を信じる者としての今後のこと。

具体的に言えば、洗礼を受けて正式にクリスチャンになりたいということです。

ところが夫は宗教が嫌いで、私は難病患者なうえに障害者。

なかなかうまくいかないとは思うけど・・・

きっとちょうどいい時期に、神様が取り計らってくださると思っています。