全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。できることは減ったけど、妻として母として毎日をアツクルシク生きてます。

専門学校の学費、終了!

ふーっ



親にとっての青春、子どもの学費が終わりました!

「母ちゃん難病になる!」なんてアクシデントもありましたが、なんとか無事に終わりそうです。

私の難病1年目は高い薬代に泣かされたけど、いろいろと療養環境も整い、なんとかなってきました。

本当にこの数年の我が家のお財布事情をひとことで表すと、こうなります。




なんとかなった




そして運もよかった。

私に続いて家族の誰かが病気になるとか、夫が働けなくなるとかそういう恐ろしいことも起こりませんでした。

グチャグチャになった家計を立て直しながらのこの1年半は大変だったけど、ある程度の自信もつきました。




入ってくる金額が重要なんではないなと。

どうやって使うかが重要。

家族に毎日お弁当を作るとか、食材を腐らせないとか、そういったことがなかなか難しい難病主婦です。

いろんなところでお金で解決するしかないことが増えてきています。

家計簿をつけるにしても、目の不自由さが増してきているので、この先どうなるかは分からないし。

そんな中でも、できることを諦めないで淡々とやっていくだけ。




でも子どもの学費が終わるこの清々しさ。(もう一人いるんだけども)

先のことは考えずに、今週出来ることを精一杯やっていこうと思います。

そうやっていったら、あと5年くらい、今と同じことができるかもしれないし・・・

できなかもしれない・・・

ああ、こういうことを考えちゃいかんのです。

今週を精一杯の力で頑張ろう!