全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。できることは減ったけど、妻として母として毎日をアツクルシク生きてます。

暑くて外に出られないので読書

おはようございます!

今朝はサッカー、私も夫と一緒に観ました。

といっても私はところどころしか見てないけど。

昨日は早目に寝て、夫婦揃って3時前には起きました。



おはようございますなんて書きましたが、只今午後の3時です。

冒頭の部分は今朝5時過ぎに書いたものです。

朝のうちに書いちゃおうと思って開いたはてなブログの管理画面、すぐに眠くて閉じました。(笑)

半分寝ながら朝の支度をして、息子が出かけてからきちんと布団で寝ることに。

・・・で、気付くとお昼過ぎ。



さて、今日はどうするか?

朝の天気予報では、今日の横浜33度!

とてもじゃないけど外には出られない。

しょうがないというか丁度いいので読書。

このブログの結構早い時期から、読めるうちに読みたいてなことをよく書いてました。

実際、よく読んでいます。



今読んでいるのは、近所の地区センターで借りてきた3冊。

ワールドカップの影響で目に留まった内田篤人選手の本。

後で夫に笑われましたが、私、香川選手と間違えていました。(恥)


by カエレバ



それからずっと以前に書店で見てから気になっていた本、V・E・フランクルの「それでも人生にイエスと言う」です。


by カエレバ



あとは読書にハマった私がよく読んでいる、読書についての本。


by カエレバ


他の2冊は軽い気持ちで読めるけど、「それでも人生にイエスと言う」はなかなか重いものです。

生きる意味と価値とか病を越えてなど、内容的に私みたいな難病患者も素直な気持ちで読める本なのかやや心配でしたが、少し読んだ感想としては大丈夫そうな気がします。

パラパラとページをめくって目に留まったど真ん中辺りから読み始めて、前へ前へと戻りながら読み進めています。

変な読み方だけど、こういうどう生きるかみたいな本は読んだ結果、心がささくれ立つ可能性があるので、おっかなびっくりです。

多分、大丈夫な気がするんですけども。

この本は、ノートを開いて覚えておきたい文章を抜き書きしながら読んでいるので
とても時間がかかります。

でも読んだあ終わりの本よりも、ずっと深く読めている気がします。

想像していたより、いろいろなことを考えられたので、また機会があったらブログに書けたらと思います。