全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

不安で一杯だった一年が終わり、気が抜けてました

f:id:warasato:20180418012354j:plain




調子がいい時はいいけれど、悪い時はほんと悪い。

そして一日一日が過ぎるのも早い!

ブログの更新も滞るし、ついに家計簿記帳も止まってしまった・・・




何ができなくなったって、それはもう朝起きてから寝るまでのほとんどのこと。

変わりなくできていることといったら、トイレに行くことくらいだわほんとに。

これはいかんのですよ。

どこかでリセットしなければ、気付いたら秋・・・・なんてことになりかねない。(笑)

ほんとに危ない。





どうやってリセットしようかと考えてるのが深夜0時を回ってるというのが、重症度を物語っています。

まずは、朝起きるところからでしょー!と。

分かっちゃいるんですが、そこがなんとも。

去年の春頃からいろんなことが不安で、これで我が家は回っていくんだろうか?と。

不安が沢山ありすぎて、実は教会で泣いたりしたこともあったよなー。

牧師先生がただただ私の話を聞いてくれたっけ。

そんな不安な毎日だったのが、ひとつずついい方向に向かい出して、息子の簿記も結果が出たし、どうなることかと思っていた娘の行き先も決まった。

あんなに学校という場所を嫌がっていた娘が、今は毎日嬉しそうに学校に行っている。

勿論まだ始まったばかりだから、どうなるか分からないけれど、とにかく嬉しそうなのだ。

喜んで通っているんじゃなくて、嬉しそうに通ってる。

大した違いじゃないかもしれないけれど、見ていて私もとっても嬉しい。




こんな春を迎えられるなんて、一年前は想像できなかったなぁと思います。

ハゲるほど悩んでいたことが、少しずつ解決というかいい方向に動いていったことで、ホッとしたからなのか。

多分、少し気が抜けてしまったんだろうと思っています。

娘の学校もオリエンテーションの時期がやっと終わり、明日から授業が始まります。

いや、今日なんだけども今日。

私もまた新しい一年を始めなきゃなーと思います。

まずは明日起きたら、トイレに行った後にカーテンを開けよう。

まずはそこから。(最近、カーテン開けるの昼過ぎだったんで)