全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

理想的な目覚め方

おはようございます!

久し振りに朝からブログ更新です。

いつも朝は起きてすぐに台所へ直行し、目が開いてるんだか開いてないんだかの状態でおにぎり作りをします。

で、まだまだ寝ぼけた状態で夫を玄関で見送り、その後玄関側の部屋の窓を開けて夫に手を振る。

リビングに戻った頃、段々目が覚めていく・・・

とまあ、毎朝こんな感じで起きています。




でも今朝はとっても理想的に目覚めましたよ。

しっかりと目が明いた状態でおにぎりも作れて、玄関では真っ直ぐ立って「行ってらっしゃい」が言えたし。



最近はスマホの充電器が壊れたとかの事情があって、寝ている間に寝室の隣の部屋で充電をしています。

部屋と部屋の間にある襖は開けてあるので、アラーム音はしっかり聞こえる。

しかもどんなに手を伸ばしても、スマホに届かない。

結果としてアラームが鳴ったら、布団から出て隣室まで行かなきゃならない。




ただこのアラームが鳴る時間を今朝は少し早めにしてみました。

いつもは朝の4時45分にセットしていますが、今朝は4時35分にしてみました。

そしたら想像以上にうまくいってしまいました!

アラームが聞こえたら、いつものように止めにいく→リビングのホットカーペットをつける→ヒーターのスイッチ入れる→テレビもつける。

これをゴロゴロ寝転がりながらやる。

そしてテレビの天気予報なんかを見てるうちに、段々と目が明いてくる。

で5時になる頃にはしっかり目が覚める。



f:id:warasato:20180322062532j:plain



そういうわけで今朝は、おにぎりを準備してしている最中に写真まで撮ることができました。

余裕があるって素晴らしい!

夫が出勤した後は、完全に目が覚めているので布団の誘惑にも負けることなく、こうしてブログの更新もできています。

当然この後は、お味噌汁と息子のお弁当を頑張って作るぞー!と。

昨日は少し早めに布団に入ったというのもあるけれど、うまくいった朝って嬉しい。