全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

息子の彼女がやってくる

うーん、今日はいい天気だ!

いつもの早朝仕事を終えて、いつも通りの二度寝をして、目が覚めたらレースのカーテンから眩しい光。

これは3時間ぐらい勿体ないことをしたらしい。

時間は9時半を過ぎている・・・

今日は目も回っていないし、本当に勿体ない勿体ない。




しょうがないので、そこからやるだけです。

台所はいつものようにゴチャゴチャ、と言っても今朝も5時前に起きておにぎりは作ってます。

昨日のやりっ放しに、今朝のおにぎり&水筒の準備のちょこっとした残骸。

それをある程度片付けたところで、息子のひとこと。




「今日、彼女が来るからよろしく。(笑)」





えーっ!っと私。


今の彼女はもう何度か我が家に来たことがあるけれど、やっぱり男友達が来るのとは訳が違うのですよ。

もともと今日はあちこち綺麗にするつもりではいたけれど、絶対にやらなきゃいけなくなったではないか。

その後、本気を出して頑張りました。



シンクの洗い物を全部やっつけて、寝室の布団も片付けて、洗濯も干すところまでやって、あとはトイレ掃除に洗面所掃除。

制限時間があると私でもまだまだできるらしい。

天気と体調が良かったというのも大きかったけれど。

自宅に人を招くのはとても苦手だけど、我が家にはあったほうがいいようです。

それなりに家が綺麗になるのは、やっぱりいいもんだしと思います。

体調さえ良ければ、息子の彼女でもPTさんでもウェルカムです。

そういえば来週、PTさんが来る。

その日もどうか体調と天気、お願いします・・・