全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

初めての税務署、医療費控除をやってみた

夫を 税務署デートに誘ってみた

医療費控除、やってみたいと思い立ってから、多分二年ほど経ちましたが、やっと今日実行に移すことができました!

何が分からないのか分からないというどうしようもない状態で、税務署に電話してみたのがおととい。

今日は仕事が休みの夫と二人で、行ってきました初めての税務署。

嫌がられるかと思ったけど、あっさりついてきてくれました。




混雑していた税務署

税務署までの道中、ツイッターで「税務署 混雑」というワードで検索。

それなりに混んでいそうなので、少し覚悟しました。

税務署の中は、想像していたほどの混雑はなく、受付を済ませてから30分ほどで呼ばれました。

その後は事前に聞いていた通り、とても親切に教えてくれ、申告書の作成が完了。

領収書の整理や内訳を計算したのは私だけど、税務署でのいろんなことは全部夫にやってもらいました。

一通りできたので、来年からは自宅で是非やっていただきたい。

そして気になるお金が戻る時期ですが、今回は二年分の医療費控除をしたので、少し時間がかかるとのこと。

少ない金額ですが、とっても期待。




感想


確かに待ったけど、大学病院ほどではないと思いました。

病院は待ち時間は長いのに、診察があっという間でなんだかなーという感じ。

でも税務署は、しっかり待って しっかり相手をしてくれる、満足感が違います。(笑)

初めての人にはハードルが高く見えるけど、そこまで高くなかったというのが、感想でしょうか。

うん、実際には高くなかった。