全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

家計簿をつけて、お金の使い方をコントロールする

年明けから本気で頑張っている家計簿。

明日で最初の1ヶ月が終わります。

買い物をする度に、こつこつと記帳。


f:id:warasato:20180130172155j:plain


数字で埋め尽くされたページは、なんとも気持ちのいいものです。

欄外の空いたスペースに書き込んだ、去年12月の食費実績。

なんとなく、ひと月3,000円位のつもりで買っていたお菓子。

実際に集計してみたら11,090円でびっくりしました。





そこでまず今年最初の目標は、お菓子代を減らすこと。

減らすというよりは、コントロールすること。

減らすとか節約とか、そういった言葉を使うと途端に、辛いことをやっているような気がしてきます。

そこでとっても都合がいい言葉を見つけました。

ま、今思い付いたんですけど。(笑)




お金の使い方をコントロールする



去年の12月、スーパーでお菓子をカゴに入れる時、どんなことを考えたか思い出してみる。





明日はお菓子買わないから


明後日も買わないから


いやいや今週はもう買わないから


お菓子食べないとイライラしちゃうから





そんな言い訳をしながら買った結果が、1ヶ月で11,090円!

この事実をしっかり受け止め、同じ失敗をしないように、お菓子売り場に近付く時は特に注意しました。

今月のお菓子予算は4,000円と決めました。

お菓子の誘惑を受けた時、素直にカゴに入れるか止めておくかを考える時に、12月の反省はとても役に立ちました。

というか、単純にペース配分とも言うんでしょうが・・・

そうして頑張った今月のお菓子代は、1月30日現在4,552円となりました。

予算の4,000円には収まらなかったけれど、先月のほぼ半分!






これで明後日にはやってみたかった、家計簿を締める作業ができます。

やったー!

羽仁もと子案家計簿の最後についている収支年計表、この1月部分が埋められます!




f:id:warasato:20180130182719j:plain