全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。できることは減ったけど、妻として母として毎日をアツクルシク生きてます。

今日の朝時間

最近は夜布団に入ってからなかなか眠れない。

眠れないまま気付くと1時間とか経っていたりする。

朝は4時台に起きることを目標としているのに、眠れないまま2時近くになると、このまま起きていた方がいいかなと考えはじめる。

そういうことを考え始めた頃に、どうやら眠りにつくらしい。

まあ、その後すぐに起きることになるんですが。




去年の暮れ頃、早朝3時台に出勤する夫の弁当を作るため、夜通し起きていたことがあるんだけど、この時から身体のリズムが狂いだしたのか?

それとも、おかしくなり始めていたから、起きていられたのか?

どっちだろう。

それでも今朝も5時前には起きて、夫におにぎりを持たせることができたから、いいとするか。




夫を見送った後はまだまだ暗い時間だけど、今日もいい天気になるんじゃないかと想像すると、途端に身体が動くからよく分からない。

難病患者なんだけど、体調は気分次第なのか?

というか天候次第かもしれないな。

あんまり寝てないから、もう一度布団に入ったほうがいいかもなんて思いながら、洗濯機を回してしまった。





洗濯機が動いている音を聞くと、これまた気分がいい。

やっぱり主婦なんだなと思ったりする。

その後は洗面所の床を拭き掃除したり、昨日できなかった台所の片付けをしたりで6時半。(時間がかかるのはやっぱり難病患者だからか)

ここまでやって一休み。

窓の方を見れば、やっぱりキラキラした光が入ってきている。

しばらく休んだら、今日もいろいろできそうな錯覚がしてます。(笑)




最後にこれを読んでいてくれるかもしれないあなたに。

さっきツイッターで流れてきて、とても気に入った言葉です。


「今日も、生きているだけで偉い私達の一日が始まりました。」


生きてるだけで偉いんです。

それだけで充分偉いんです。

偉いって言い方も変かもしれないし、やっぱり綺麗ごとにしか聞こえないかもしれないけど、そこにいるだけでとっても価値がある人です。

とてもそんな風に思えないかもしれないけれど。