全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

そういう人に私はなりたい

昨日のブログの続きというか、息子の試験の結果ですが・・・











合格しました






こんなに嬉しいものとは思いませんでした。

細かい点数などは後日送られてくるそうですが、とりあえず合格か否かはインターネットで先に判ります。

去年6月の2級試験の時は、発表時刻が午前10時ということで、授業中の息子に代わり私がアクセスしました。

今回の1級もネットで合否を見ることができるのは、同じく午前10時。

私も1分でも早く結果が知りたいけれど、頑張ったのは本人ですから。

すんごく当然と言えば当然の、当たり前のことですが、本人がネットで確認して私に連絡してくれることになりました。




10時を過ぎてからが長かった。

息子はその時間、授業中。

授業が終わり次第、ネットで結果を見るとは聞いていたけど、ほんとに長い!

もう結果出てるんだよなーとか考えながら、ツッターで気を紛らわせたりして。





待つこと1時間、やっと息子からのLINEが。

合格と書かれたスマホのスクリーンショットを見た後は、こんなことになるんですね。

予想もしてなかったんですが、涙がどんどん溢れてきて。

息子は多分生まれて初めて本気を出したんじゃないかと思います。

本当によく頑張ったと思って。

簿記3級しか知らない私が息子に「簿記は数学の知識が必要ない」と嘘を言い(笑)、結果的に騙されて始めた簿記です。(騙されたと本人が言ってます)

2級1級と進むうちに、「母さんの嘘つき、思いっきり数学出てくるんだけど。」と笑いながら文句を言い・・・

できるようにならないと合格しようがないということで、中学時代数学で1を取ったこともある息子は、数学、算数と遡ることになったようです。

・・・あ、数学1というのは順位じゃなくて通知表の話です。

どこまで遡ったのかと聞いたところ、結局小学校の分数少数、さらには九九だそうです。(笑)




あー、ここまで書いて読み返して、親バカ全開だなと。(笑)

そんな私にツイッターのフォロワーさん達が、「おめでとう!」「おめでとう!」と言ってくださり、有難かったです。

今大変な状態にある何人かの方からも、温かい言葉をいただいて、あまりに予想外だったので泣きました。

息子の合格は当然嬉しいことなんですが、その他にこんなに心が温まることがあるなんてと驚いています。

たかがツイッター、と言ってしまいがちですが、「おめでとう」のひとこと、自分が大変な時に言えるか?

私もそんな人になりたいと思った、息子の日商簿記1級合格の話でした。