全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

すぐに書きたい家計簿

新しい年になって8日、新しい家計簿になって8日。

家計簿を開いたり、記帳することが楽しみでしょうがない。

昨日は午前中教会へ、お昼からは娘と一緒に買い物へ。

朝起きるのがギリギリになってしまったので、大したものを食べていない。

教会での食事も昨日はしなかったので、買い物が終わる頃にはお腹が空いて空いて。

とてもじゃないけど家までもたないと判断して、駅近くのマクドナルドへ。

会計を済ませて、食べ物が載ったトレーを運ぶということができないため、ひとりの時はそういうお店には入れない。

昨日は娘が一緒だったので、久し振りのマック~!と喜びました。




前に書いたかもしれないんですが、私の通っている教会には友の会の会員さんがいます。

大晦日に会った時に、初めて1カ月分の食費合計を出せたことを報告したり、家計簿の書き方で分からないところがある話をしました。

そしたら年明けに家計簿のつけ方などを教えてもらえることになり、昨日の礼拝には念のため家計簿一式を持って行っていました。

でもまあ、昨日は新年最初の礼拝で、いつもより多い人が教会に来ていたので、家計簿教室はできなかったんですけどね。

そのまま出かけたので、娘との買い物に家計簿を持って行ったわけです。






家計簿をつけるのが楽しい状況というのは面白いもので、お金を使ったらすぐに家計簿に記帳したくなるんですね。

それも初めてのことなんですが。

マックで一通り食べ終えた後、我慢できずにその場で家計簿を開いてしまいました。

普段使っている電卓も持っていたので、朝家を出てからマックまでの出費を全部記帳してしまった。

こんなところで家計簿?と思ったけれど、やり始めたら大したことなかったです。

5分とかからなかったし。

使ったばかりのお金なので、レシートを見ても「これ、何買ったんだっけ?」ということがひとつもなくて、スッキリしました。

普段の家計簿記帳も、買い物から帰宅後すぐにつけるぞと決めました。