全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。できることは減ったけど、妻として母として毎日をアツクルシク生きてます。

お風呂掃除、やってみたらまだできた

私の病気は進行性だから、できることが少しずつ、できないことに変わっていく。

できないことが増えるはずなのに、最近できるようになったことがひとつある。

できるようになったというより、やってみたらまだできたという、それだけのことなんだけど。


それは何かというと、お風呂掃除!



なんでできたかというと、あまりに寒かったから。

病気が判る前から何年も体調が良くなかった私は、なかなかお風呂掃除ができなかった。

億劫で億劫で、最低限の家事は頑張ったけど、お風呂までは手が回らなかった。

少しずつできる家事が減っていったので、家族も自然にシャワーだけで充分になってしまって。

そうなるともう、誰もお風呂掃除なんてしなくなるという。

シャワーだけで大丈夫だったんです、私も。(笑)






神経難病は寒いと身体が固まって、動きにくいと言われます。

それについては、去年の冬までは実感として分からなかったんです。

が!今年は分かってしまった!

こういうことか、寒いシャワーは怖い。

温かい湯舟に入ったりしないと、裸で浴室になんかいられないと、急に思うようになりまして。



バブを買ってきた。



アース製薬 温泡 ONPO こだわりゆず 炭酸湯 入浴剤 20錠入(5錠x4種)

アース製薬 温泡 ONPO こだわりゆず 炭酸湯 入浴剤 20錠入(5錠x4種)



バブ自体にはそれほど期待はしていなかったんだけど、シャワーに入るには浴槽にお湯を張らなきゃという理由で頑張ってみた。

注意しながら浴槽の中に入って洗う洗う。

浴槽のサイズが小さいのか、私が大きいのか?すっ転べるほどの余裕がないのがかえって安心感になりまして。

やればできるじゃんと、今までもったいなかったなーと。




お湯を張ってバブを入れてお風呂に入ると、なんていう幸せ。

ゆずの香りと乳黄色のお湯。

にゅるっとした感じもたまらない。

お風呂ってこんなにいいものだったっけと、涙が出そうなほど嬉しい。

バブで泣くっていうのも、我ながらおかしなことだと思うけれど、ほんとに泣くほど嬉しいんだからしょうがない。




我が家のお風呂はまだ手すりをつけてない。

そのうちつけることになるでしょう。

手すりだけでなく、いつかは自力で入れなくなるのかな。

訪問入浴とかそういったものを、利用することになるかもしれない。

先のことだと思っているけれど、私にとってはかなりリアルな未来。

だから家のお風呂に入れるのは嬉しい。

どこかの温泉じゃなくて、バブのお湯だけどとっても幸せな時間。




12月の最初に買ったバブは12錠入り。

浴槽にお湯を張るなんて、月に1度か2度だった我が家で奇跡です。

12月26日時点で、残り2錠。

今月は10回も湯舟に浸かったということ。

水道代にも影響が出るんだろうな・・・でも、嬉しいかも。