全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

年末、夫の繁忙期、私は祈る

今朝から我が家の本格的な暮れが始まりました。

暮れなのか年末なのか、結婚以来毎年繰り返されるピリピリした日々。

今年ももうすぐ終わるんだなーと、次に夫婦で会話らしい会話ができるのは元旦だなーとか。

毎年のことなんだけど、「明日から本格的な年末モードだから。」という夫の年末宣言でそれは始まる。

やっぱ年末だ。(笑) 



初日の今朝は5時ジャストに、窓から手を振り行ってらっしゃい。

こんなに寒いのに、バイクで職場まで20分。

ありがとうございます。

今朝は早めに起きて、おにぎりを持たせてあげられた。

ほっ。




今日から日中の私も、だらだらモードではないんですよ。

夫が無事に繁忙期を乗り切れるよう、祈るような気持ちで家を守ります。

具体的にどうやって守ってるんだ?という話ですが、気持ちの問題。

何かあっても私がなんとかすること、夫に家のことで心配をかけない、その程度なんだけど結構私も緊張した毎日になります。

基本的には無事に大晦日を迎えられるよう、祈りの日々に入ります。(笑)

これは祈るなんて知らなかった若い頃から、続けてること。

夫の無事、我が家の無事を祈ること、多分無意識のうちにやっていたこと。

今年は分かりやすく祈ります。(笑)

どの仕事も年末にはいつもと違う忙しさがあると思います。

みんな無事にお正月を迎えられますように、やっぱり祈る。(笑)