全力疾走と午前4時

進行性の神経難病患者です。できることは減ったけど、妻として母として毎日をアツクルシク生きてます。

私は弱い

私は去年の11月から、教会に通ってます。

難病患者が神にすがってると言われるのが嫌で、あんまり話したくないことではあるけれど、最近ではどうでもいいと思ってる。

別に神様になんとかしてもらいたいなどとは思っていないし、病気自体は信仰でどうにかなるものではないから。



でも心の平安や心の強さは、信仰によって得られるものかもな~とは思うようになりました。

もう15年も前に近所に先天的な難病を持った赤ちゃんがいて、そのお母さんと話した時のこと。

とても難しい病気で、大人になるまで何度も手術をする必要がある赤ちゃんでした。

でもそのお母さんはこう言うんです。




「とても難しい病気だけど、私は信じている神様がいるから大丈夫なのよ。」




正直、意味不明でした。

無宗教で神様?なにそれ?だった私には、全く理解できない話だったから。

でも、教会に通い出し神様を信じるようになって1年。

あのお母さんの言ってた大丈夫の意味が分かるような気がする。

訪問看護師さんも言っていた。




「信仰を持っている患者さんは、総じて強い、とっても心が強い。」




みなさん信じている宗教は違うんだけど、強いんだそうで。

それもよく分からなかったけど、今はなんとなく分かる気がする。



信仰を持たずに生きていくこともできるだろうけど、何か欲しかった。


www.warasato.com


心のよりどころとなるものが欲しいと、1年前の私は言ってました。

弱いと言われても、私はそれでかまわない。