全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

転倒

ついに転倒です。

病気が判る2年ほど前に、家の中でしたことあるんですが。

その時はなんで大人が転倒するのか、自分に起きたことが理解できませんでした。

その時すでに体調がいいとは言えなかったので、ただごとではないんだろうとは思いましたが。

病気が判ってからはいろいろな動作が慎重になったので、家の中でも外でも転倒したことはありません。

立った状態からの派手な転倒がないだけで、座った状態からコロリンといってしまうことはよくありました。

それがついに昨日、立っている状態からの転倒をやってしまった!

布団の上を歩いていて、足が絡まったんでしょうね。

暗かったし、しょうがない。

幸いなことに布団の上だったので、頭を打ったとかの怖いことは無く、単純に足首をひねってしまったという・・・。





昨日は通院日で主治医に聞かれたばかりだったのに。



「転倒などはしてないですか?」




「はい、してません!」




そう言ったばかりだったのに。(笑)

次回、報告することができたよまったく。

お陰で今日は薬局に行くはずだったのに、歩けない。

どうしようかと考えていたら、娘が行ってくれるという。

値段の高い薬なので心配だけど、1万円持たせて見送りました。

ちゃんとおつかいできるか心配だ。

けど薬局に行くことを自分から言い出してくれたので、嬉しかった。

人に会うのが怖いと言ってる不登校の子なのに。