全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

ヘモグロビン

f:id:warasato:20170915155919j:plain


f:id:warasato:20170915155934j:plain


今日、病院行ってきました、結果を聞きに。

気になるヘモグロビンの数値は10.1。

若い頃から常に貧血気味だった私にとって、10.1って大した数値ではなく普通の数値。

大体9を切るとだるくなる。





脊髄小脳変性症が判る何年か前に、ヘモグロビンの数値が7台になったことがある。

その時はだるくてだるくて辛かった。

今の状態はその時と同じ。

そのくらいだるくてしょうがない。

とても10あるように思えない。

この病気は疲れやすいとみんな言う。

貧血がない人でもすぐ疲れるらしい。



脊髄小脳変性症と貧血のコラボ、あーキツイ。



鉄剤は飲むと気持ち悪くなって無理なので、また注射に通うことに。

今日から早速打ってきた。

いつも注射を打ってくれる看護師さんが、血管を探しながらひとこと。



「ちょっと太った?血管が触れにくいな~。」




ははは(笑)



前はもっとハッキリ血管に触れたらしい、今回それが分かりにくいと。(笑)

夏の間、ほとんど外に出なかったので。

運動量は入院患者並みだったかも・・・と説明しながら看護師さんたちと大笑いしてきた。

夏の間に腕にまでついた脂肪、なんとかせねば。